Vista視覚効果オフ

いきなり開始したWindowsVistaカスタマイズシリーズ。
来年初頭にはWindows7が米日先行発売も予定されているというのに。

別に血迷っていないのである。PCの買い替えが必要になり、予算とスペック他をいろいろと考慮したところ、ついていたのがWindowsVistaだったのだ。

Build to Orderであるにもかかわらず、OS選択はできなかったのだ。DELLもWindowsVistaを早めにさばきたいんだおとおもう。



今回は、WindowsVistaの致命傷でもある視覚効果のオフです。


手順は簡単ですが、知るまでが大変で、設定するのも大変です。



スタート ⇒ コンピュータ ⇒ メニューバーのシステムプロパティクリック

⇒画面が変わるので左側の"タスク"からシステムの詳細設定(A)クリック

⇒システムプロパティのダイアログ一番上 パフォーマンス"設定"クリック⇒ダイアログがでるので、パフォーマンス設定でパフォーマンスを設定するにチェックをするとWIN2Kのインターフェースになります。


ちなみにショートカットはWINDOWSボタン+Pause/Breakdeha


システムの画面がでますんで、システムの詳細設定から同じ手順を踏みます。


しかし、明らかにMacインターフェースを真似て、明らかに失敗してしまった。


iPodとかiPhoneが売れちゃうわけだよ。

McrosoftはAppleを盛り上げてしまったわけです。

棲み分けって本当に必要だなって感じましたね。



選択が可能であれば断然WindowsXPにすべきです。



みなさん、気をつけましょう。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック