新着情報の記事本文の文字数を制限-WordPress


WordPressの新着情報などをトップページにリスト表示させるとき、レイアウトの崩れをなくすために、
タイトル文字数を制限して表示させたり、本文文字数を制限する必要があります。



特に、本文の文字数は、記事数の内容が大きく異なる場合があるため、抜粋して表示しなければならないケースがほとんどです。
本文や記事の表示方法には、the_content()とthe_excerpt()関数があります。



the_content()関数は、<!--more-->タグがあるかないかで異なり、『続きを読む...』はこのタグで2つに分かれている場合、ブログトップページやアーカイブページでは、本文が指定した場所で分割され、moreタグ内の記事は単独記事ページで閲覧することが可能です。


the_excerpt()は投稿の抜粋を表示させるタグですが、投稿記事の抜粋を、文末に [...](角括弧+三点リーダー)をつけて表示する機能。



この三点リーダーは上記のthe_content()関数のmoreタグで囲われた『続きを読む』リンクではなく、投稿作成/編集画面の"抜粋"文入力欄に記入された内容が表示され、抜粋フィールドに入力がない場合は、記事の投稿内容の最初の単語を55個まで表示します。



抜粋フィールドの表示は HTMLタグと画像は取り除かれ、すべてテキストとして表示され、タグ自体はループ処理記述の中でのみ使用できます。


ただし、非常に注意が必要なのが抜粋機能を使用しない場合の55単語という設定です。



英文のように半角スペースが含まれている場合には有効になりますが、半角スペースで区切らない日本語のような言語においては『55単語』自体を判別することができないので、記事の抜粋機能は働かず、記事の内容がそのまま出力されてしまいます。


WordPress日本語版では、このような言語圏の違いによるマルチバイト関連の問題の対処として、デフォルトでWP Multibyte Patchプラグインを同梱していました。



このプラグインを有効化することで、デフォルトでは110文字まで(設定により変更可)を抜粋文として出力できます。



本題にようやく辿り着くわけですが、新着情報の記事本文の文字数を制限する方法としては、抜粋機能を使用して記事サマリー(要約)を入力するか、本文の内容をそのまま要約するには、上記のWP Multibyte Patchプラグインを有効化にすることで実現することができます。




WP Multibyte Patchプラグインの文字数の調整は、プラグイン編集画面で、'excerpt_mblength' => 110,の110の数字を希望する文字数の数値をいれることで変更可能でした。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック