カテゴリー記事関連タグ-WordPress


WordPressテンプレートタグを利用して、カテゴリー記事の情報の取得やカスタマイズを行います。


WordPress Codex 日本語版を参照にし、カテゴリータグをまとめています。


書式は<?php get_the_category(); ?>です。

ループ処理ないで使用できるタグで、
記事のカテゴリー名、ID、カテゴリースラッグ、説明、親カテゴリーなどの情報をPHP配列として受け取れます。


【コード記述例】

<?php $catname = get_the_category(); echo $catname = $catname[0]; {

echo '<img src="http://wordpress.com/images/' . $catname->category_nicename . '.jpg" alt="' . $catname->cat_name . '" />';

} ?>

【get_the_category()の配列内変数】

cat_ID - 記事のカテゴリーID。
cat_name - 記事のカテゴリー名。
category_nicename - 記事カテゴリーのカテゴリースラッグ。
category_description - 記事のカテゴリー説明文。
category_parent - 記事の親カテゴリーにあたるカテゴリーのID。親カテゴリーがない場合は「0」を返す。
category_count -カテゴリーが使われている回数。


【カテゴリータグの種類】

the_category 現在の投稿が属する全カテゴリーを、そのカテゴリーアーカイブへのリンク付きで表示 ループ中 区切り文字、親カテゴリーの併記 原文
get_the_category 現在の投稿が属する各カテゴリーの情報を取得。カテゴリー ID・カテゴリー名・カテゴリースラッグ・カテゴリー概要・親カテゴリーが配列に格納されるので、好きに取り出して使う。 ループ中 - 原文

get_the_category_by_ID 指定したカテゴリーのカテゴリー名を取得 - カテゴリー ID 原文

get_the_category_list HTMLリストまたはカスタム形式のカテゴリー一覧を取得 - 区切り文字、親カテゴリーの表示方法、投稿 ID 原文

in_category 条件分岐タグ:現在の投稿がパラメータで指定したカテゴリーに属するとき true を返す ループ中/ ループ外 カテゴリー ID 原文

get_category_parents 現在の または 指定したカテゴリーと、そこから最上位までの各カテゴリーを取得 - 原文

get_category_link 指定したカテゴリーのURLを取得 カテゴリー ID 原文

category_description 指定したカテゴリーの概要を取得 - カテゴリー ID 原文

the_category_rss (フィード用) 原文

the_category_ID 非推奨 → get_the_category 原文

the_category_head 非推奨 → get_the_category_by_ID, get_the_category 原文

single_cat_title 現在のカテゴリーアーカイブページのカテゴリー名を表示/取得 - 表示/取得、接頭辞 原文

wp_dropdown_categories 2.1↑ セレクトボックス(ドロップダウンメニューなど)を使ったカテゴリー一覧を表示/取得 - 表示/取得、ソート順ほか多数 原文

dropdown_cats 2.1 から非推奨 → wp_dropdown_categories 原文
wp_list_categories 2.1↑ リンク付きカテゴリー一覧を表示/取得 - 表示/取得、ソート順ほか多数 原文

list_cats 2.1 から非推奨 リンク付きカテゴリー一覧を表示。wp_list_cats とはパラメータの書き方が異なる。2.0.x 系の EasyAll テーマで使用
→ wp_list_categories - 原文

wp_list_cats 2.1 から非推奨 リンク付きカテゴリー一覧を表示。そのリンク先はカテゴリーアーカイブページ。2.0.x 系のデフォルトテーマで使用
→ wp_list_categories

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック