カレンダーウィジェットカスタマイズ


オープンソースCMSのWordPressのウィジェットのカスタマイズ方法。

CSSの部分は、出力されたHTMLページのソースから見つけていきます。

style.cssファイルの以下のセレクタを編集します。

カレンダーブロックのセレクタ

#wp-calendar

あとはidに指定されたセレクタの入れ子になっている記述の宣言やプロパティ、値を変更してスタイルシートで見栄えを整えます。


ただ、CSSでのカスタマイズだけではすべて制御できるわけではないので、


default_widgets.phpファイルを直接編集することで、get_calenderの前後に記述ができ、
general_template.phpではget_calenderのカレンダー部分を直接編集することができます。

また、ファイルパスなどを記述する場合は、href="'.get_bloginfo('template_directory').'/images"などのように、コーテーションと、連結のための.ドットを記述します。


カレンダー曜日で土日の色変更は、
phpを直接編集します。


勿論、クラスを指定してもよいです。



これでひととおりカレンダーの編集はある程度可能です。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック