InPrivateフィルターとは



InPrivateフィルター(インプライベートフィルター)とはMicrosoftのWEBブラウザーInternet Explorer 8実装するプライバシー保護機能で、WEBサイトのアクセスの際に、WEBサイトを公開しているコンテンツプロバイダーに対しての情報取得を制御するためのブロック機能設定である。


InPrivateブラウズを実行すると、Internet Explorer8から新しいウィンドウが展開され、InPrivateブラウズの保護機能が有効になります。


InPrivate ブラウズはURLバーにInPrivateのアイコンが追加され、情報保護がされている状態であることがわかります。

別のウィンドウを開いた場合InPrivate ブラウズの保護対象外になります。



InPrivateブラウズウィンドウを閉じたとき、 セッションは終了します。

仕組みの簡単な理解としては、InPrivateブラウズでWEBサイトを閲覧する場合、Internet ExplorerではCookieやインターネット一時ファイルなどの情報の一部をユーザーパソコンに格納し、WEBページ閲覧中に正しく機能するような仕組みになっています。



しかし、それらの情報をInPrivateブラウズではセッションのみの場合に保持する仕組みになっていて、セッションが終了されると、通常保持されるそれらの情報は消去されます。


また、情報提供をブロックすることで、コンテンツが適切に使用できなくなる場合がある。



【InPrivateブラウズの利用方法】

1.Internet Explorerを起動

2.「セーフティ」メニュー ⇒ 「InPrivateフィルター」をクリック

3.コンテンツを自動的にブロックするには、「InPrivateフィルター設定」で「自動でブロックする」をクリック
、「情報を受信するプロバイダーを自分で選択する」をクリックすると、指定したコンテンツのみをブロック

4.「セーフティ」メニュー ⇒ 「InPrivateブラウズ」クリックもしくは" Ctrl キー + Shift キー + P でInPrivateブラウズ新規ウィンドウが開きます



【InPrivateブラウズで影響するデータ】(Microsoft InPrivate ブラウズとは?より引用)

・Cookie
メモリに保存されるのでページは正常に機能しますが、ブラウザーを閉じると消去されます。

・インターネット一時ファイル
ディスクに保存されるのでページは正常に機能しますが、ブラウザーを閉じると削除されます。

・Web ページの履歴
この情報は保存されません。

・フォーム データとパスワード
この情報は保存されません。

・フィッシング対策キャッシュ
一時情報は暗号化されて保存されるので、ページは正常に機能します。

・アドレス バーと検索オートコンプリート
この情報は保存されません。

・ACR (Automatic Crash Restore)
ACR では、セッション途中のタブ クラッシュも復元できますが、ウィンドウ全体のクラッシュになると、データが削除されるので、ウィンドウは復元できません。

・DOM (Document Object Model) 記憶域
DOM 記憶域は、Web 開発者が情報維持に使用できるある種の "スーパー Cookie" です。通常の Cookie と同じく、スーパー Cookie もウィンドウを閉じた後は保存されません。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック