Outbound Port 25 Blocking



メーラーでIPSのメールアカウント以外のメール設定を際にメールの送信ができないときは、Outbound Port 25 Blocking(アウトバウンドポート25ブロッキング/OP25B)を採用しているインターネットサービスプロバイダ(ISP)であるかどうか確認してみよう。


OP25Bとは悪意あるスパムメールなどを、利用者が自分のメールサーバから大量送信したり、SMTP拡大タイプのウイルス感染によるPCからの多量のウイルスメール送信などを防ぐために、ISP側では特定サーバ以外のSMTP(TCPポートの25番)送信を遮断するメールサーバのサービス対策。



OP25Bが適用されているISPでは、外部サーバへのメール送信ポートを遮断しているか、あるいは別途サブミッションポート用意して、ポート番号587に指定することで利用を認めている。


またサブミッションポート利用に関しては、外部メールサーバがサブミッションポートに対応していない場合は、メール送信ができない場合があるから注意が必要なようだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック